ホーム

目の疲れ


仕事はじめである。
 
今日から、また昨日と変わらない明日が始まる。奴隷の生活。動物園の動物のような生活である。しかしながら、世の中の多くの人は大方、同じようなものであろう。しかし、それにしても寒い通勤の時の路面はパリパリに凍っていた。

通勤が酷いな。

ところで彼と連絡が取れない。何が起きたのか。

仕事が、どうも破綻しつつあるようだ。無駄なロスの多い仕事が発生しているし、顧客への納期も遅れそうな予兆がある。おまけに会社では希望退職の募集を始 めた。しかし考え方を変えれば、今まで良く持ったものである。去年の今ぐらいで潰れていてもおかしくなかったのではないか。徹夜で何日も仕事をしなければ ならない異常な事態であった。

どうやら本社の方では日本の事業所よりもタイやベトナムなど外国での事業所、子会社のほうへシフトしていく予定のようである。

これから、どうなるのであろうか。

そもそも原因を遡って考えてみると仕事がうまくいかなかったからである。生きていくだけで精一杯で、もたついているうちに、こんな状態になってしまった。

やはり仕事が順調な者は、他の人生のことも、うまく行っているような感じがする。


では、なぜ仕事がうまくいかなかったかというと、当然、自分に原因がある。どこでボタンを掛け間違えたか。子供の時か。高校生の時?大学生の時?社会人になってから?

子供の時に出来る選択肢など、たかが知れている。では、大人になってからか。


長時間、パソコンを使う仕事をしているせいか、あるいは睡眠不足か、あるいは過去に痛めた角膜のせいか、理由は不明だが、どうにも、とても目が痛い。
数時間、睡眠を取れば楽になるのであろうが、如何せん時間がない。やるべき仕事がたくさんある。優先順位をつけて片づけなければならない。明日から、また通常業務に戻ることになる。長くもない正月休みも今日で終わることになる。今日は午後から整体院に行く予定である。

これだけ目が痛くなったのは受験勉強のとき以来ではないか。今思えば、あんな勉強は人生において意味のないものであった。

私の受験活動は、ここから願書を取り寄せることから始まった。

甲南大学 願書

わきが

隣の男のシャツの脇の下の色がおかしい。変色している。おまけに臭いはもっとおかしい。電車のなかは非常に混雑しているのであるが、その男の半径五メートルくらいは誰も近づこうとしない。夏場のワキガ臭は生ゴミの臭いより強烈である。本人は、この異常事態をどのように考えているのであろうか。

あるいは自分でも気がついてはいるのであるが、どうにも出来ないのかもしれない。腋臭の臭いは自分でどうにか出来るものではないからである。

男性なら、まだしも女性なら悲惨ではないか。もっともヨーロッパでは、このような体臭のある人間のおかげで香水文化が発達したとも言われているが。


奇しくも電車の中吊り広告はデオドラント商品のこれであった。穿った見方をすれば、この男もこのデオドラント商品の広告宣伝のためにいるのかもしれない。

ちなみに電車の中つり広告はワキガ対策商品のものであるが、調べてみると、このサイトのものであった。

東京へ出張

思えば東京へ行くのは友人の結婚式で新宿に行った2001年以来である。12年ぶりということになるのであろうか。あのときは新幹線で行った。三時間以上 かかった記憶がある。手荷物に当日、着る礼服と靴、それからワイシャツをハンガーに吊り下げて持って行ったものである。あのときは前日に夜遊びして睡眠不 足であった。当日の式にはフラフラで倒れそうであった。しかし三次会まで行った。

彼は現在では3人の子供と嫁と幸せな家族を築いている。病院のベッドで悲嘆にくれていた、当時の彼を知っている私としては何とも嬉しい限りである。

東京への出張は楽しみである。

2013-07-21

Return to page top